闘龍會 空手エクササイズ日記!!

豊田市フルコンタクト空手道協会・国際空手道連合 闘龍會は、安城市・知立市・岡崎市・刈谷市よりアクセス可能な豊田市にあるフルコンタクト空手道場です。

2017年02月

No Excuse !

先日、車を運転しながらFMラジオを聴いていたら、
知らない女性歌手のラップのような曲が流れてきました


『なりたい自分がいるだろう
 なれない理由を並べるだろう

 風に吹かれてみたらどうだろう
 ぐらつく自分がいやだろう』


たいして歌に聴き入ってた訳ではないですが、
なんだかドキッとして、
このフレーズだけがずっと耳に残りました。

私はヤマハのYZF- R1 というオートバイに
もう10年以上乗っていますが、
少し前に、ちょっとしたイベントで、
新型R1 開発者との座談会に参加する機会がありました。

初代R1 は『公道最速』をコンセプトに、
公道での走りをとことん追求し、
当時としては斬新なスタイルで98年に誕生しました。

その後、何度もモデルチェンジを繰り返しながらも、
初代R1 のスピリッツを守り続け、
公道だけでなく8耐などの大きな大会でも
常に好成績を残してきたバイクです。

そして、2015年に登場した新型R1 は、
誕生から17年目にして初めて、
開発コンセプトを『サーキット最速』に変え、
設計を大幅に見直し、最新の技術を取り入れ、
様々な電子制御と安全装置を駆使した、
究極のバイクに生まれ変わりました。

新型R1 は、決して速さだけを追求したバイクではなく、
電子制御の介入度や、走りのセッティングを自由に、
しかも簡単に設定できるといった機能もついており、
公道を走る楽しさもしっかり残してくれています。

そんな熱い魂がこめられた新型R1、
設計担当者が、こんな風に話してくれました。

設計目線、走り目線、いろんな目線がぶつかると、
どこかで妥協しないといけなくなる。
でも、このバイクの開発キーワードは常に、
『NO EXCUSE (言い訳しない) 』でした。
何度も壁にぶつかる度に、
「オレ達、今、言い訳してないか?」って問いかけながら、
皆でその壁を乗り越え、このバイクを完成させました。

カッコイイな~って思いました。

気がつけば、すぐに言い訳してしまう自分。
誰かのせいにしたり、環境や時間のせいにして、
できない理由ばかり考えてしまう自分。
愚痴を言ってばかりの自分。

そんな自分を変えられるのは結局、
自分しかいないんじゃないかと思います。

『NO EXCUSE!』

いい言葉デス。

ちなみに、私の現役の愛車は99年モデルでありまして、
先日、浜松のオートバイミュージアムに行きましたら、
“昔懐かしいバイク”のコーナーに、
化石のように展示されていました

そして新型R1、一度でいいから実際に乗ってみて、
公道かサーキットを走ってみたいと思いますが、
残念ながら、足が全く地面につきません…


昇級審査☆☆☆

今日は昇級審査のため、
女子部の練習はお休みでした

前半は初級クラスの審査があり、
みんな元気いっぱいに声を出してがんばり、
見事、全員合格!

そして後半は上級クラスの審査
私も受けてきましたヨ!

押忍、道訓、気合、挨拶、
子供たち、
普段の3倍くらい大きな声が出てましたかね(笑)

そんな気合十分の子供たちでしたが、
型の審査では、正直アレレ?と思いました

一緒に受験している私が言うのもなんですが、
何人かの子については、
あ~、練習してないな。って正直思いました。

技術的な話はできませんが、それ以前に、
あまりにも自信が無さげだったのが残念でした

組手は相手がいるので、
がんばって練習しても試合で勝てない時もあります。

でも、型は、自分自身との闘いだと思います。
練習量が自信につながり、
自信が魅力につながると思います。

練習すればするほど、疑問が沸いてきたり、
これであってるのかな?と不安にもなります。
こうしたほうがカッコイイかな?と思ったりもします。
いっぱい練習したから、練習の成果を見てほしい!
と素直に思う子もいると思います。

そんな時は、
「私の型を見てください」と先生や先輩にお願いすれば、
アドバイスをもらうことができます。
がんばって練習してる人にお願いされて、
イヤだなんて断る人は道場にはいません

私の経験上、
型は絶対にひとりでは修得できません。
YouTubeなどの動画をみても、
流れや強弱はある程度分かりますが、
技の本質は見えづらいと思います。

かと言って、限られた練習時間で、
先生や先輩が一人ずつ丁寧に教えることも難しい

でも、この道場はやればできる子供たちばかり!
そして、闘龍會の型は、ダイナミックで実戦的で、
カッコ良くて、とても魅力ある型だと思います

今日の昇級審査、
子供たちにとっては厳しい結果となりました

もちろん、審査は型だけではありませんが、
型は、審査内容の中で唯一の一人舞台です

ぜひ、たくさん練習して、
先生や先輩にアドバイスをもらって、
改善して、また練習して、
次は自信みなぎる型を見せてほしいなと思います

私も、そんな子供たちの前で恥ずかしくないように、
これからも練習したいと思います

と、エラそうなことをたくさん書きましたが、
私は一人舞台である型の審査中に、
グルグルグル~とお腹が鳴って、内心パニくり
そもそも緊張で足は震えるし…
子供が寝静まった真夜中に家で道着に着替え、
毎晩コソ練したわりには、決して納得いく型が打てず、
審査が終わった夜もひとりで反省会

いい歳の大人ですが、
子供みたいだなって自分で思います(笑)

まぁ、時々こんな大人がいてもいいかな~

来週の女子部、
型をちょっとだけやろうかな?

あ、最後にひとつ!
国語が苦手な私ですが、
昇級審査の筆記試験はなんと満点でした











型!

今日は型について、私が日頃思っていることを
ちょっとだけ書こうと思います!

最近、昇級試験を受ける子や型試合へ出場する子供たちが
一生懸命型の練習をしています。

私もまた、自分の昇級試験へ向けて、
毎日、型の練習をしています。

子供たちが真剣に練習している姿を見ていると、
すごいな~と心を打たれると同時に、
自分もがんばらなきゃ!と触発されたりもします。

新しい型を教わると、
最初は身体が思うように動いてくれず、
ぎこちない動きしかできません。
どんくさい私は特に…デス

何度も同じ動きを繰り返していくうちに、
身体が流れを理解してくれますが、
手の形や角度や足運びなどはまだめちゃくちゃなので、
ほぼ全ての動作についてひとつひとつアドバイスをもらい、少しずつ修正していきます。

この時点では、頭は正しい動作を理解していても、
身体には全く染み込んでいないので、
『正確な動作=不自然な動作』となります。

次に、『不自然な動作』を『自然な動作』に変えるため、
指摘された注意点をひとつひとつ思い浮かべながら、
何度も何度も練習を繰り返します。

さっきできたのに、次はできない
昨日できたのに、今日はできない

そんな螺旋階段のような失敗と成功を繰り返しながら、
頭で覚えたことが、何も考えずにできるようになるまで、
何度も何度も練習し、少しずつ身体に染み込ませます。

これが最も忍耐を要するし、難しいし、膝は痛いし
また時間がかかる作業だと思います。
でも、これくらいでいいや!できるようになったもん!
と思ったら上達はそこまで、じゃないかな~??

正確な動作がある程度染み込んできたら、
次に緩急、静と動を学びます。

型は、始めから終わりまで、
一定の速さで行うものではないし、
そんな型は見ていてもつまらない。

空手の世界では『型を打つ』という言い方をしますが、
技の正確さの次に大事なのは、
インパクトやメリハリだと思います。
なかなか思うように身体はついてきてくれませんが…

そんな地道な練習を繰り返していくうちに、
いつの日にか、カッコいい型が打てるようになるハズ!
と、私は信じています(笑)


型は算数、組手は国語、
みたいなもんかな~?と最近、思います。

明確な公式や考え方があり、正しい手順で行えば、
ひとつの正解が導かれる算数。

自分の知識と経験から、相手の心理や出方を読み取って、
自分なりの答えを出す国語。

これはあくまで、私の勝手な持論ですヨ(笑)
ちなみに私は国語苦手デス!

ちょっと話が反れましたが、
型はぐっと真下に腰を落とす動作も多いので、
身体の軸を作るのに最も良い練習だと思います。

イカか?!タコか?!と突っ込みたくなる我が次男も、
もっと真剣に練習してもらいたいものです

ちなみに、女子部もこれから少しずつ、
型の練習をしていこうと思っています。

女子部の型、どこで披露させてもらおうかな~(笑)


反省…💦

昨日の女子部、
準備体操やシャドーで軽く身体を動かしたあと、
空手の基本稽古と前回学んだコンビネーションを通しました!

が、しか~し

2週間ぶりの女子部、
指導するのも2週間ぶりのためか?
基本稽古の動きを何度も間違えてしまいました

身体に染み込むくらい何度も練習している基本稽古ですが、声を出してみんなを引っ張る立場になった途端に
あれ?次は何だったかな?となってしまいます

ダメですね~!昨日の指導、反省デス!

このクラスは、空手の動作を使って、
美容と健康のために身体を動かすことを目的としたクラスでありますが、
せっかく空手に出会い、空手を学ぶのですから、
正確でカッコいい動作を身につけてもらいたいな~
と思っています

と言っても私自身、空手歴もまだまだ浅く、
指導者としても未熟なので、
高い志と今の自分の未熟さに葛藤する日々です

ちょっぴり固い話になりましたが、
指導者も少しずつ成長していく予定ですので?
これからも、気合いの入った女子部で
みんなで楽しく練習がんばりましょ~

そしてこの女子部、
まだまだ新しい部員、募集してます!

空手の経験が全くなくても
気軽に始められるクラスですので、
ちょっとでも興味がある方はいつでも体験に来てくださいね

一緒に身体を動かしましょう





イって~(涙)

久々の更新です!

先週は祝日のため練習はお休みでした。

毎週土曜日、練習の度に確実にどこかを痛めてる私には
大変貴重な休息でしたが、やっぱり何か物足りない

私は昔から運動が苦手で、今も人一倍どんくさいですが、
なぜか空手は大好きです

てなワケで、月曜日、久々に子供と一緒に
組手&選手クラスに参加してきました

闘龍會には現在、
空手大好きな一般生がもうひとりおります。

選手クラスでは、
その出席率抜群のおじさんとペアでミットを持って、
子供たちと一緒に様々な蹴り技の練習をしました

みんなもおそらくご存じの赤いミット。
実は結構持つのが難しく、
最近自称パワー派おじさんの強烈な蹴りを受け続け、
決して顔には出しませんが、
腕はヒリヒリ、頭クラクラ

ボーっとしてたら、ミットがずれて上段蹴りくらうわ、
力を受けきれずミットが顔面直撃して血だらけになるわ、
なかなか刺激的な練習となりました(笑)

蹴り技ひとつとっても、
身体の使い方や微妙なタイミングが違えば、
思い通りに蹴ることができず、難しいなって思います

でも、できないからたくさん練習しようと思うし、
できたら嬉しい。そんな小さな経験の連続です。
その経験を積む上で、年齢なんて関係ナイ。
と、私は思ってます。
だからやっぱり、空手は楽しい

そう言えば、女子部のみなさん、
はじめは慣れない感じで優しくミットを蹴ってましたが、
練習を繰り返すうちに、少しずつコツをつかみはじめ、
最近はおりゃ~!って感じで自信持って蹴ってるので、
すごいな~って思います

ミット、バシッと決まるとカッコいいし、
気持ち良いですよね!

これぞストレス解消

今週は、先週の分までガッツリ身体動かしましょう
どんくさい指導者ですが、みんな、ついてきてね~!

まずは風邪ひかないように気をつけて下さいね






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: